• マイナビ2018
  • エントリー(中途)

調剤薬局もドラッグストアも経験して、薬剤師として大きく成長していきたい。

二通りの道と、
専門性を磨ける環境が魅力。

尾藤 由布子

B&Dは家の近所に店舗があったので、就職活動の際にも自然と興味を持ちました。学生時代からお客さんとしてよく通っていたので、親しみがありましたね。入社の決め手となったのは、「調剤薬局」と「ドラッグストア」が完全に分かれていること。薬剤師として、自分の希望に応じた二通りの道があり、かつそれぞれを専門的に学べる環境に魅力を感じました。またB&Dは扱っている診療科の種類が多いのも特徴です。現在勤めている調剤薬局一社店では、内科、整形外科、眼科などの取り扱いがありますし、志賀公園店では全科に対応しています。さらに、働いている薬剤師も様々な経歴を持った人が多く、病院に勤めていた人や、他社の調剤薬局の経験がある人もいますので、自身のキャリアを考える上で、大変参考になる話を聞くことができます。

患者様との会話から
やりがいが生まれる。

尾藤 由布子

学生時代は、とにかく薬に関する知識を学んでいましたが、入社してみると患者様と対話する機会が多く、コミュニケーションの重要さを日々実感しています。来店される方は、病気の方もいれば、病気になる前の方もいますので、相手の健康状態に合わせて対応を変えることが大切です。また病気のお話ばかりしていると、患者様も気落ちしてしまいます。相手としっかり向き合い、趣味のお話やご家族のお話など、様々な話題の会話をすることも、薬剤師として患者様にお役立ちできることだと思います。先日、他愛もない会話の中から、患者様の間違った薬の飲み合わせに気づき、大変感謝して頂けました。患者様からの「ありがとう」の言葉が、私は何よりも嬉しいです。

患者様から
信頼される薬剤師になりたい。

薬剤師として成長していくためには、専門的な知識と、患者様とのコミュニケーション能力の、両方を向上させていく必要があると感じています。私が尊敬する先輩は、あらゆる知識が豊富で、患者様とのコミュニケーションも優れています。そのため、患者様から信頼され、指名を受けることもあります。私もその先輩に一歩でも近づけるようになりたいですね。そのために今は、社内のEラーニングシステムを利用して勉強したり、社外の勉強会に参加したりしています。学んだことを一つずつ仕事の場で実践して、自分のモノにしていきたいです。また現在は調剤薬局勤務ですが、いずれはドラッグストアも経験し、仕事の幅を広げていきたいと考えています。

B&D調剤薬局

尾藤 由布子

2013年新卒入社

B&Dはここが魅力

自分なりのキャリアを 形成できる。

B&Dはドラッグストアと調剤薬局の両方があり、様々なキャリアを持った薬剤師が働いています。ですから、色々な経験をしたり、先輩にアドバイスをもらいながら、自分に合ったキャリアを見つけることができると思います。

1日のスケジュール

11:00
出社
薬の管理・確認
患者様への投薬
13:00
お昼休憩
14:00
一包化調剤の予製
16:00
投薬
20:00
退社